ボディの切り離し~ 完結!

先日の作業で切り離しのできなかったトランスミッション廻りのコネクタを切り離していきます。
もう一度、コネクタの位置確認をするため、邪魔になっているマフラーを外していきます。

相変わらず、サビサビです。
でも、今のところ穴は開いていないようですが |д゚)チラッ
しかし、このマフラーの位置はフレームより下に出っ張っているので、ランプブレークオーバーアングル(通称:腹下のクリアランス)がだいぶ犠牲になっておりますので、ワンオフ加工でフレーム内に納めていきます。

画像


フランジボルトを緩めて、タイコ後ろ側の吊りゴムを外すだけです。

画像


ただ、このマフラーリヤパイプが切断されてしまっているので、取り外しは楽でした ヾ(゚Д゚ )ォィォィ
本来は、テールまで1本物なので、かなり知恵の輪しないと外れませんカラ \(^o^)/

画像


早速、コネクタの位置確認をしました。
実は、思っていた以上に前側にあったのでした。

画像


しかも、プロペラシャフトの上側にあり、アクロバティックな体勢でないと外せませんが (;゚д゚)ァ....
関節がもうひとつ欲しいです …

画像


ええ、気合いで外しましたとも ( `д´) ケッ!
いつものタグ付けをして完了デス。

画像


ようやく、長かったボディとフレームの切り離し作業が完結しました 
゚・*:.。..。.:*・゜ヽ( ´∀`)人(´∀` )ノ・゜゚・*:.。..。.:*

結構、ボルトも折れましたが何度も心も折れそうになりました。

調子に乗ってこんな物も作ってみました。

画像


何かって ただの木片デス
何するの~ 一応、外し忘れた物がないか確認するために、ボディブロックがわりにします。

画像


こんな、感じでちょっとボディを浮かせてみて確認デス |д゚)カンサツ

わかりずらいですが、将来的にボディリフトした時のイメージを妄想してみました。

画像


画像


画像


これで、4インチ(約10cm)アップの状態になります。
再確認しましたが、ボディを切り離すために障害となる物はありませんでした。

いよいよ、ボディの修復にとりかかっていこうと思います。
ワタクシも未知の経験なので、どの方法がベストか模索しております。
もしかしたら、違うボディに衣替えしてたりして ヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

santa
2010年02月18日 21:33
今までお疲れでした。
これからも大変でしょうけど
ボディ編は、ぜひとも参考にさせていただきますのでヨロシク♪

ふぃーるど
2010年02月19日 01:27
ハイ! ありがとう!
いよいよ本格的なレストアに突入デス。
あたたかく見守っていて下さい(爆)

この記事へのトラックバック