N’s Factory

アクセスカウンタ

zoom RSS ジムニー エキマニ他取り外しの巻〜♪

<<   作成日時 : 2018/03/12 00:56   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

ようやく、3月に入って暖かくなってきましたが …
3月に入った途端、北海道は爆弾低気圧に襲われたり、一気に気温が5月並みになって大雨と融雪で洪水が起こったりと異常気象が続いています。
そういいつつも、暖かくなってきて作業もしやすくなってきました。

エンジンの塗装をすべく、左側の補器類を取り外す作業を進めていきます。
前回の作業でターボを取り外したので、今回はエキマニから外して行きます。

画像


エキマニは、ガスケットが逝ってしまっているようで、かなり排気漏れしていたようです。

固定は、赤丸2本がボルト、水色丸2本がキャップボルト、黄丸2本がナットです。
なぜ、同じ物で固定してないんでしょうか?

クレ凍結浸透ルブを事前に噴いていたので、割と簡単に緩みましたが、キャップボルトは固かった (-_-;)
それから、ナットは1箇所スタッドボルト毎抜けてしまいました
(-_-;)

画像


エンジンブロック側を確認すると、真ん中の気筒部分が密着していなくガスケットが抜けている感じデス。

画像


続いて、サーモスタットケースを取り外して行きます。

画像


黄丸の4箇所で固定されています。
水色の部分で分離できるようですが …
よく見ると、エンジンマウントのブラケットと共締めになっているので、先にエンジンマウントを取り外します。

画像


例に漏れず、フレーム側の取付部は、サクサクのウェハース状態 _| ̄|○ il||li

とりあえず、エンジン本体は、パンタジャッキで支えてマウントボルトを緩めます。

画像


次に、エンジン側にブラケットを固定しているボルトを緩めます。

画像


画像


パンタジャッキを調整しつつ、エンジンマウントを取り外す事ができました。

画像


サーモスタットケースは、下側に3本のボルトで固定されています。

画像


ボルトを外したら、若干こじるようにして、ウォーターポンプハウジングから引き抜きます。

画像


これで、取り外す事ができました。

画像


続いて、ウォーターポンプハウジングを取り外します。
4本のボルトで固定されています。

画像


ボルトを外せば、取り外す事ができます。

画像


内部は、かなり綺麗でした (^_^)v
特にサビも無いので、冷却水路の状態は問題無いでしょう!

補器類を取り外すと、オイル汚れでかなり汚いです (-_-;)

画像


当初は、こちら側は触らないつもりでしたが、これは気になるのできっちり清掃と塗装をします。

最後に水冷式のオイルクーラーも取り外します。
ちまたでは、このオイルクーラーからのオイル漏れが多々あるとの事なのですが、幸にもこの車の場合は、ココからのオイル漏れはしていないようです。

取り外しは、頭にある24mmのボルトを外すだけでした。

画像


これで、エンジン塗装の邪魔になる物が無くなりましたので、次回からは、エンジン塗装とフレーム塗装の準備をします。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ジムニー エキマニ他取り外しの巻〜♪ N’s Factory/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる